お電話からお問い合わせ050-1749-8010受付時間 平日10:00~18:00

パソコン・スマートフォンからお問い合わせ

お問い合わせフォーム
  • TOP
  • セミナー
  • 【共催ウェビナー】店舗DXに向けた3つのアプローチ ~分析・集客・人材育成~

【共催ウェビナー】店舗DXに向けた3つのアプローチ ~分析・集客・人材育成~

【共催ウェビナー】店舗DXに向けた3つのアプローチ ~分析・集客・人材育成~

実店舗運営をされている事業者にとってDX化は避けて通れない課題となっています。
本イベントでは、実店舗のDX化に欠かせないアプローチとして以下についての知見をお話させていただきます。

  • 店舗のデータを可視化し、デジタル化や強化ポイントを見極めるための分析
  • 店舗集客にデジタルを活用するための考え方
  • 店舗運営に関わるスタッフをいかにデジタル人材へと育成していくか?

について解説いたします。
テーマに関心がある方はぜひご参加ください。

 

日程
2022年3月9日(水)11:00~12:15
場所
ウェビナー
参加企業
SO Technologies株式会社
アンドデジタル株式会社

■本セミナーのポイント

受講後に下記ができるようになっていることを目指します。

  • 店舗の集客データを見える化する意義と店舗数値を一元で管理するポイント
  • デジタル集客のポイントは◯◯◯のお客様の体験を良くすること
  • DXを実践するための必要知識は何か?いかに従業員に定着させるか

こんな企業にオススメ

店舗の集客を担当されている担当者様

事業において複数店舗を展開し、WEB広告、チラシなど様々な手段で店舗集客を行っている方々のお悩みの解決の糸口となれればと考えております。

実店鋪の持つデータやオンラインデータをより活用していきたいご担当者様

店舗データ、オンラインデータは保有しているが、実行に活かせていない、どう分析すればいいかわからない、など悩まれることが多いと思います。その解決への第一歩としてご参考ください。

社内のDX研修に興味があるご担当者様店舗の集客を担当されている担当者様

デジタル人材をこれから社内で育成される、採用強化される方々に特におすすめとなります。お気軽にアンドデジタル株式会社にご相談ください。

■当日のプログラム

【店舗集客数を最大化するデータの見える化と店舗数値を一元で管理するポイント】
コロナウイルスの影響で多くの企業様で店舗来店数は減少しております。
その環境化で集客数を増加するためにはデータ活用が必須です。
店舗集客数の最大化に向けてデータを見える意義と一元管理するポイントを解説いたします。

【Googleマップ・検索で来店検討しているユーザーにキャンペーン情報を効率的に伝える方法】
コロナの影響で、来店前に店舗情報を調べるユーザーが増加しています。
Google検索・マップで事前に店舗の情報を調べるユーザーが多く存在します。
来店前の接点を活用して効果的にキャンペーン情報を伝達し、来店促進につなげましょう。
本セッションでは、Googleビジネスプロフィールを活用したキャンペーン情報の伝達の具体的なテクニックについてご紹介させていただきます。

【”DXを実践するための必要知識は何か?”従業員への定着に関するポイント】
競合優位性を維持・確立するためにもDXが必須になっております。
本セミナーではDXを実践するため、どのような知識が必要なのか?そしてどのように社内で定着させていくのか?を弊社の学習支援システムである”ジッセンDX!”を交えながら解説いたします。

 

※当日のセミナーURLにつきましては、
3月8日(火)中にメールにてご案内いたします。

講師紹介

津田 翔平

津田 翔平  アンドデジタル株式会社 デジタルプランニング本部 本部長

これまでソウルドアウト営業部長、アンドデジタル営業本部長と営業領域を中心に歴任。 アンドデジタルでは営業×デジタルを中心に中小・ベンチャー企業の売上拡大をご支援しております。自社内でもデジタルを活用した売上拡大に取り組んでおり、様々な企業様のご支援や自社での検証で身に付けたノウハウを元にした提案、ご支援に定評があります。

光山 誠一

光山 誠一  SO Technologies株式会社 ライクル事業本部 マーケティング担当

大手Webマーケティング会社にてWeb広告を中心としたアカウントプランナーに従事し、 ダイレクトマーケティング業種を中心としたコミュニケーション立案を経験。2014年よりシナジーマーケティング社に入社。CRMのコンサルタントとして従事し、お客様向けにメールマーケティングやDMPの設計支援を従事。2021年よりSO Technologies株式会社に参画し多店舗向け集客支援サービス「ライクル」のマーケティング活動に従事。